まつげエクステを長持ちさせるテクニック:普段の生活での注意

まつげエクステを長持ちさせるには、普段の生活やメイクをする時やメイクを落とす時に気をつけるとまつげのエクステを長持ちさせることができます。まつげのエクステは約3週間から1ヶ月程度で次第に取れていきます。まつげの毛周期もあるため仕方ないですが、少しでも長く持たせたいものです。

まつげのエクステを長く持たせるポイントは、触れない、ということです。目をこすったり、まつげをいじったりすると取れやすくなります。できるだけまつげエクステに触れないことが長持ちの秘けつと言えます。まつげエクステをした当日は、洗顔を控えます。まつげをつけてから安定するまでは約1日かかります。そのため、エクステをした当日は控えることが良い方法と言えます。

初めてまつげのエクステをすると目元がムズムズして気になってしまうものです。でも、ムズムズしても目元をこすらないことが長持ちの秘けつです。また、まつげを濡れたままにしてうつ伏せで寝てしまうと、寝癖がついたり、まつげが抜けやすくなるので注意が必要です。寝る時はできるだけ仰向けに寝るよう心がけます。

メイクをする時にマスカラを使用する際は、使用するマスカラはお湯で落ちやすいものや美容液が入っているタイプだとまつげエクステにもダメージは少なくて済みます。マスカラを塗る時は、まずコームでとかして、根元にマスカラをつけないように塗り、塗り終わったらコームなどでとかして、冷風をあてます。冷風をあてる時は下から冷風をあてるとまつげが上向きになります。

メイクを落とす際は、まつげを接着しているグルーはオイルに弱いため、オイルが入っていないメイク落としを使用します。まつげエクステ専用を使用するのも良い方法です。目のまわりはまつげに負担がかからないように、まつげは根元から毛先に向かって優しく落とします。綿棒を使うとより負担をかけずに落とすことができます。ただしサロンによってはオイルクレンジングを使用しても大丈夫な場合もあるため予めサロンに確認してください。さらに専用の美容液などをまつげと根元につけると長持ち効果が期待できます。

また、洗顔や入浴後はしっかりとまつげのエクステを乾かすことも大切です。タオルで優しく水分を拭き取り、ドライヤーの冷風で根元から乾かします。まつげのエクステを長くもたせるためには、普段の生活で触らないこと、メイク落としはオイルタイプを使用しないことです。普段の生活で少し注意することでまつげのエクステを長く楽しむことができます。